トマトは永遠のライバル

日常やムービーのことを書いています

2019年12月29日(日)〜2020年1月5日(日)

何度も言いますが2019年は異動になり、ほぼふてくされていた1年間でした。仕事は勉強になることも多かったのですが、仕事以外の時間は酒で意識を失っていたので、あまり映画をみておらず。だらしがなく反省の多い1年でした。今年は新しい映画を追っていく1年にできればと、ささやかながらの目標です。

年末年始は1日だけ仕事に出ましたけど、それ以外はボーッと過ごしながら映画やドラマをみていました。

 

『マリッジ・ストーリー』
『FYRE 夢に終わった史上最高のパーティー
『二人のローマ教皇
『失くした体』

 

上の作品はどれもNetflixで2019年度配信開始した話題作でした。


ドキュメンタリーの『FYRE 夢に終わった史上最高のパーティー』はアメリカで話題になった巨大フェスの大失敗を振り返る1時間半。施工段階ですでに失敗の予感が漂っているのですが、それは運営スタッフが無能だったからではなく、開催リーダーである起業家が楽天的で詐欺まがいなことを繰り返していたことが原因。
リーダーが「できる方法を考えるんだ」と無茶を言い続けた結果、イエスマンの有能スタッフしか残らなかった。「もう逃げられない」と全員が思いながら当日まで狂ったように準備をしています(リーダー以外)。結果、フェス参加アーティストも誰一人来ず宿泊場所も準備できてないまま客入れ。暴徒化する客、逃亡するスタッフ、未曾有の大惨事でした。内容も興味深く面白いし、いわゆる「バズるプロモーション」までの展開は何気に勉強になるから何度もリピートしてました。インフルエンサーを使ったプロモーションはお金がかかりますねえ…。現実でこのプロモーションは、莫大な広告費がないと不可能…。

 

あと、昨年みたなかで強烈な印象を残したドラマは『広告会社、男子寮のおかずくん』です。

広告会社、男子寮のおかずくん (クロフネコミックス)

広告会社、男子寮のおかずくん (クロフネコミックス)

  • 作者:オトクニ
  • 出版社/メーカー: リブレ
  • 発売日: 2017/06/23
  • メディア: Kindle
 

 
原作を読んでいたし、グルメが題材になっている時点でそれなりの安心感を期待していたのですが、なぜ映像になるとあんな気持ち悪く仕上がるんだろうと考えこんでしまうドラマです。4人のイケメン広告マンが寮で持ち寄りの飯を食う話なのですが、その際のイチャイチャ具合が甚だしく…。女性視聴者を意識しているんだろうなと想像がつきます。4人のイケメンのうち3人は線の細い役者で、彼ら一人一人は悪くないんですが、2名以上が枠に収まると途端にいちゃつき始めて、肝心の料理が全然美味しそうにみえない驚き。『きのう何食べた?』とはストーリーの構成が似ていると思うのですが、なんだろうこの出来の違い。ということでこの2作品は繰り返しNetflixでリピートしてみています。

 


映画『広告会社、男子寮のおかずくん 劇場版』予告編【7月12日(金)公開】


『広告会社、男子寮のおかずくん』はドラマがヒットしたからか知らんが映画化もされたみたいで、どうやって2時間近く間を持たすんだろうかと興味が湧いてきます…。