トマトは永遠のライバル

日常やムービーのことを書いています

2018年12月2日(日)〜12月15日(土)

■直近でみた映画のこと

最近みた映画は大変大変少なく、

『私がクマにキレた理由』

『ヴェノム』

『私はマリア・カラス

『荒野のストレンジャー

『荒野の1ドル銀貨』

アンダー・ザ・シルバーレイク

孤独のグルメ』シーズン1〜3

八甲田山

という順番でした。『八甲田山』以降映画はみておらず。

八甲田山』は高倉 健とソフトバンクのお父さんの声をあてている北大路 欣也がダブル主演(正式には高倉主演ですがダブル主演と言っていいと思う)。若い北大路が王子様のようなルックスで驚きました。八甲田山での雪中行軍中、大量の遭難者を出してしまうという現実にあった事件を新田次郎が小説化し、それを映画化した作品なのですが、よく映画にしたな…と思ってしまう。そしてキャストもよく引き受けたなあとも。最近4Kリマスターされたそうで、もしソフト化したら絶対買うだろうな思いました。

ソフトを買ったら詳細な感想を書きたいと思います。

 


映画八甲田山予告編

 

12月2日(日)

家に帰って『孤独のグルメ』のドラマを視聴。今更『孤独のグルメ』にハマるのかよと自分でも思うのですが、おっさんが一人でブツブツブツブツ心の中で喋りながら食べ続ける、というシンプルな内容は一生見続けても良いくらいの安心感がある。主演の松重 豊はぼんやりとした演技のように見えて全然ぼんやりしていない。

 

12月3日(月)〜7日(金)

f:id:kankan082:20181216143646j:plain

倉敷に向かって取材を行うことが多かった。その合間に県北の温泉地へ行って温泉の撮影も。

おセンチに別府を思い出す…ことは全くなく、観光客向けの温泉地でいろいろと作り込まれていたので、別府のような地域密着や俗っぽさは感じない。こういった温泉は綺麗で清潔だけど、別府の雰囲気もいいんだよね、ということを考える。

今回の取材はカメラマンとライターを伴った取材で、車乗り合わせで愉快な話をしながら現場に向かったのですが、後日に「神田の話すことはかなりズレている」という感想があったようで、愉快だったのは私だけだったんかい、となりました。

 

12月8日(土)

スケジュールが誤算だったので土曜出勤。ですが夜に『プレイステーションクラシック』が届き、『女神異聞録ペルソナ』をプレイする。

 

12月9日(日)

この日は仕事ではないですが会社に行く必要があり。最近日曜日に外出することが多いからこのブログが書けていないんです。

 

12月10日(月)〜15日(土)

次の日に仕事があるときは絶対に飲酒はしなかったのですが、最近になって家で酒4本以上を一気飲みして眠る毎日が続く。両親共に酒飲みだったのでこれは完全に遺伝だと思います。

大学時代の先生に会えたことと、取材先の高齢な店長に「かわいい」と言ってくれて(お世辞でもうれしいよ)と腹のなかで思うほっこりした1日があった以外は、特に仕事では何も…。毎日毎日飲んだくれる渇ききった生活をしていますが、まぁ、私も一応おなごですので、喜んでも罪ではないでしょう。飲酒量を節制しなきゃとも思うのですが、一人暮らしでは誰も止める人もなし。ただ中毒で死んだらこのアパートも事故物件になってしまうから気をつけないとなと思っている。そうなったら事故物件サイトの大島てるに見つけてほしい。

ところで夜19時頃の岡山駅付近を会社から歩いて向かうことがあったのですが、あまりにも人が歩いていなさすぎて、本当に政令指定都市なのか? と疑問に思ったことがありました。みんな働いているのか、寒いから穴籠もりしているのか、どっちでもいいけど、静かすぎた。