トマトは永遠のライバル

日常やムービーのことを書いています

2020年12月1日(火)〜12月19日(土)

横道世之介』というタイトルの小説を読みながら、自分の大学時代のことを考えていました。読みながらというか、本を度々閉じて考えていたんですが、バイトやサークルに熱心に取り組むこともなく、好きなときに好きな本を読んで、好きなときに家で勉強していた、わりと自由な生活を送っていたなと振り返ります。
「何してもある程度は許される時期」が人生のなか私には必要だったんだなとも思えてきて、小学生から高校卒業するまでは嫌な思い出が多かったから、大学時代は環境も友だちも本当に恵まれていました。

 

「女子大を卒業して仕事をしていたが、勉強したいことがあってこの大学に入学した」という年上の方が同期にいて、当時は28歳だったと思うのですが、入学した冬に彼女は交通事故で他界しました。入試が同じで学籍番号が近かった程度で親しかったわけではないのですが、やっぱり当時は衝撃で、「もし入学さえしなかったら」とか「あのときクルマに乗っていなかったら」とか「もう1時間早く帰宅できていたら」といった「もしも」のことを、不毛ということはわかっているし自分勝手なんですがグルグルと頭のなかで駆けまわっていました。「なにも死ぬことはないだろう…」と、集まった学生にその事実を伝えた際、教授が言ったその言葉は鮮明に覚えている。言っている意味がよくわからなかったので、音として思い出せるくらい覚えています。

 

彼女の年齢に追いついてしまいました。今年になってよく考えるようになっています。働いて生活しながらも入学金や学費を貯める、ということ自体かなりエネルギーが必要だし、今の自分の薄給では到底真似なんてできない。就職し始めてすぐにお金を貯めないと28歳で入学できないと思います。長期的な準備期間にめげない夢があったのかもしれません。私には今のところそういった具体的な夢がないから正直なところ羨ましく思います。個人的な夢の話までしていたのかは知りませんが、ある程度の個人的な事情を知っていたから「なにも死ぬことはないだろう…」という教授の言葉だったのかもしれません。

 

彼女のことを本当に何も知らないので、自分のなかで宙に浮いてしまった彼女の人物像はいつもいつも空中分解して結局謎のまま。けれど何かの夢か将来に向けて何か行動をしていた姿には素直に尊敬しているし、今後もその思いは変わらないはずです。彼女に関するなんらかの事実を知っている人がいて、私に教えてくれる時があったとしても、考えすぎて彼女がある意味で神聖なものになってしまったので、知る勇気が出ずに断ると思います。

 

人が死んでしまうこと、については映画をとおして一度文章にしたことがあるけれど、このことを言葉にするには、まだまだ時間がかかることだと思います。する予定ないんですが、今回『横道世之介』を読みながらどうしても考えてしまったので・・・・。

2020年10月〜11月中旬まで

f:id:kankan082:20201121200546j:plain

写真は岡山県苫田郡鏡野町の、奥津湖


 

 たった今ツタヤで『バグダッドカフェ』を借りてきました。岡山市に短い間住んでいたとき、その年のお盆休暇のとき自宅でみてえらく感動した覚えがある。日々とてつもない不安のなか生活をしていても、感動する体験は忘れてはならないと思っています。

 10月と11月中旬までは結果的に無意味だった出来事もあったし、爽やかな思いをした出来事もありました。仕事と酒、友だちの結婚式と紅葉の景色。なかでも私物のパソコンが仕事中に壊れたときは大変汗でした。急に動かなくなったときのことは今もよく覚えていて、「あ」の発音と「A」の発音の中間くらいの音が口から漏れました。2年しか使っていないしそれなりに大事に扱っていたはずなのに、内蔵のハードディスクが壊れてしまったそうです、だから今は新しいMacBookproでブログを書いています。

 10月末から11月にかけて、岡山県北の地酒を紹介する記事を作ることになり、6カ所の酒蔵の日本酒・焼酎の利酒を行ないました。すべて720mlの地酒を購入(自費)したり頂いたりしてゲットしたのですが、酒はあるだけ飲んでしまう性質なので、720mlの日本酒はすいすいと1時間で飲み干してました。次の日はケロッとしているのですが、飲んでいるときの記憶はあったりなかったり。ちゃんとシャワー浴びて歯磨きして寝ている形跡はある。これ以上飲んでしまうと脳が縮みそうなのでそれからは酒を控えている日が多いです。記事作成は外注すればいいじゃんって話なのですが、遠方料金がかかる田舎なので経費削減です。

 先週は一週間かけて、岡山県の北の方にある鏡野町へ通っていました。紅葉シーズンの鏡野町はすばらしいし、紅葉以外の自然の資源が本当に多いことに気づかされます。大きいスキー場もあるし今年は雪が積もるといいね。

 三連休の一日目。今日は友だちの結婚式に向けて伸ばしていた髪の毛を切りました。肩甲骨くらいまであった髪を15センチくらい。1年前のときのような髪型に戻りました。伸ばしていたときはなんとも思っていなかったのですが、一気に量を切ると頭が軽くなったような気分になる。美容室の床に散らばったふさふさの毛の山をみていたら、数分前まで自分の毛だったのにもかかわらず他人の毛みたいに思えてきて、するとターンオーバーで細胞が生まれ変わって更新し続ける自分の体は、果たして自分といえるのだろうか。と、帰り道に寄ったココ壱で注文したカレーライスが出てくるまで考えていました。


2019年12月29日(日)〜2020年1月5日(日)

何度も言いますが2019年は異動になり、ほぼふてくされていた1年間でした。仕事は勉強になることも多かったのですが、仕事以外の時間は酒で意識を失っていたので、あまり映画をみておらず。だらしがなく反省の多い1年でした。今年は新しい映画を追っていく1年にできればと、ささやかながらの目標です。

年末年始は1日だけ仕事に出ましたけど、それ以外はボーッと過ごしながら映画やドラマをみていました。

 

『マリッジ・ストーリー』
『FYRE 夢に終わった史上最高のパーティー
『二人のローマ教皇
『失くした体』

 

上の作品はどれもNetflixで2019年度配信開始した話題作でした。


ドキュメンタリーの『FYRE 夢に終わった史上最高のパーティー』はアメリカで話題になった巨大フェスの大失敗を振り返る1時間半。施工段階ですでに失敗の予感が漂っているのですが、それは運営スタッフが無能だったからではなく、開催リーダーである起業家が楽天的で詐欺まがいなことを繰り返していたことが原因。
リーダーが「できる方法を考えるんだ」と無茶を言い続けた結果、イエスマンの有能スタッフしか残らなかった。「もう逃げられない」と全員が思いながら当日まで狂ったように準備をしています(リーダー以外)。結果、フェス参加アーティストも誰一人来ず宿泊場所も準備できてないまま客入れ。暴徒化する客、逃亡するスタッフ、未曾有の大惨事でした。内容も興味深く面白いし、いわゆる「バズるプロモーション」までの展開は何気に勉強になるから何度もリピートしてました。インフルエンサーを使ったプロモーションはお金がかかりますねえ…。現実でこのプロモーションは、莫大な広告費がないと不可能…。

 

あと、昨年みたなかで強烈な印象を残したドラマは『広告会社、男子寮のおかずくん』です。

広告会社、男子寮のおかずくん (クロフネコミックス)

広告会社、男子寮のおかずくん (クロフネコミックス)

  • 作者:オトクニ
  • 出版社/メーカー: リブレ
  • 発売日: 2017/06/23
  • メディア: Kindle
 

 
原作を読んでいたし、グルメが題材になっている時点でそれなりの安心感を期待していたのですが、なぜ映像になるとあんな気持ち悪く仕上がるんだろうと考えこんでしまうドラマです。4人のイケメン広告マンが寮で持ち寄りの飯を食う話なのですが、その際のイチャイチャ具合が甚だしく…。女性視聴者を意識しているんだろうなと想像がつきます。4人のイケメンのうち3人は線の細い役者で、彼ら一人一人は悪くないんですが、2名以上が枠に収まると途端にいちゃつき始めて、肝心の料理が全然美味しそうにみえない驚き。『きのう何食べた?』とはストーリーの構成が似ていると思うのですが、なんだろうこの出来の違い。ということでこの2作品は繰り返しNetflixでリピートしてみています。

 


映画『広告会社、男子寮のおかずくん 劇場版』予告編【7月12日(金)公開】


『広告会社、男子寮のおかずくん』はドラマがヒットしたからか知らんが映画化もされたみたいで、どうやって2時間近く間を持たすんだろうかと興味が湧いてきます…。