トマトは永遠のライバル

日常やムービーのことを書いています

[日記]年度始めのあれこれ

f:id:kankan082:20190407163644j:plain

写真は鶴山公園

 

サクラが咲いています。夜はライトアップで遠くからでもよく見える。電気代は税金なのかなあと思いながらボンヤリ眺めています。

 

新年度早々喉の痛み、鼻詰まり、腹痛で大変でした。年号発表の時間は高熱で寝てました。喉の痛みについては花粉や黄砂が理由だとわかっているので、ダイキンの空気清浄機を家に導入。京都でも別府でもそこまで酷くはなかったのに、今の場所は、空気が合わないとしか思えない。そして週末毎に雨が降っているので、引っ越してから一度も洗濯が成功しない。

 

4月6日(土)
都市伝説や噂・オカルトな話を独特な切り口で展開していく若手放送作家ユニット『都市ボーイズ』のトークイベントが津山市内で開催されたので参加しました、というより運営でした。ユニットのはやせやすひろさんが津山市出身とのことで、凱旋の意味も含まれているそう。

www.youtube.com

 

私自身、平山夢明さんの本やOVA『ほんとにあった! 呪いのビデオ』、Webサイト『オカルトクロニクル』などを読み込む程度には、未解決事件や超自然現象の話が好きなので楽しみにしていました。『オカルトクロニクル』に関しては松閣オルタさんのユーモアな文体が、不気味な未解決事件を丁寧に説明してくれています。そのリサーチ記録も合わせて自分の見解を書いているからおもしろいです。

 

で、『都市ボーイズ』のイベント。昼に「津山さくらまつり」の会場で30分ほどのトーク、夜はイベントホールで2時間のトーク、というようなスケジュール。はやせさんと岸本さんが20分ずつ交互に、持ち寄った話をオーディエンスに紹介する、または相方に話す、というような展開の仕方でした。2人ともお話がとても上手で、口調にも柔らかさがあって心地よかったです。

話の節々に出てきた「撮影禁止エリアでシャッターを切る」「持ち出し禁止のものを持って帰る」「呪いのアイテムを持ち歩く」などのトリッキーな行動はおかしみがありましたが、そこまでしてリサーチをしようとする熱意に感服しました。その好奇心と探求心には、惚れぼれしてしまうほどの潔さがあります。そこまで打ち込めるもの、私にはないなあ。